なぜ、「親子の」家庭教師なのか?④

      2017/08/02

こんばんは!
「親子の家庭教師」藤田和彦です。

シリーズでお送りしてます、「親子の」家庭教師であるメリット。

第4回目を、ご紹介させていただきます。

 

 

「親子の」家庭教師であるメリット④は、

保護者の方も、勉強に対する「新しい視点」を持つことができる。

と、いうことです。

 

前に書いた、こちらの記事

勉強を、頑張らない。

勉強を好きになるために⑥

あたりでも触れてますが、

お子さまの学習に対する「姿勢」は、
少なからず、お母さま、お父さまの影響を受けています。

 

例えばお母さまが、
勉強に対する「ニガテ意識」を持っていたりすると、
その意識は、知らず知らずのうちに、お子さまに伝染します。

 

そんなお母さまや、お父さまが、

もし、勉強への「ニガテ意識」をクリアにすることができれば、
お子さまの学習習慣は、よりスムーズに身についていくことになります。

 

「自分では勉強を教えられないから」
と、学習指導を塾に丸投げしてしまう、なんてこともよくあります。

ですが、「勉強を教える」のではなく、
「勉強の仕方を教える」というのは、
ご家庭でもできる教育のひとつだと、考えています。

 

お子さまが、学力アップのためにと、家庭での学習習慣をつけよう、としている機会、

せっかくなら、親子で「勉強」との関わり方をレベルアップさせてしまおう、というのが、

「親子の」家庭教師の、ねらいのひとつです。

 

「親子の」家庭教師のメリットの4つ目は、

「親子で、勉強の仕方を学ぶことができる。」

ことでした。

 

まだまだあります、「親子の」家庭教師であるメリット。

次回も、引き続き、そのひとつをご紹介します。

 

 

 

 

「親子の家庭教師」初回面談のお問い合わせ

 

親子の家庭教師とは?

 - F式メソッド