なぜ、「親子の」家庭教師なのか?②

      2017/08/02

こんばんは!
「親子の家庭教師」藤田和彦です。

 

前回に引き続き、

「親子の」家庭教師であるメリット②として、

「保護者の方が授業をご確認いただけること」によって実現することを、
ご紹介させていただきます。

 

前回ご紹介したとおり、
「親子の家庭教師」は、保護者の方に対して「公開授業」を、おこなってます。

初回の授業で、「親子の家庭教師」の授業の進め方をご説明する際に、
よくあるご質問としては、

「親も授業を受けないといけないのですか?」
というものです。

 

これ、活字で書くと、けっこう「めんどくさそう」にしてるようにも受け取られますが、
実際にご質問いただく時の空気感としては、
「(親子の家庭教師の効果を最大化するためには)どのような授業の使い方をするのがベストですか?」という前向きなご質問であると、感じてます。

「親子の家庭教師」としての自慢のひとつですが、
授業を活用してくださるお父さま、お母さまは、みなさん前向きで勉強熱心でいらっしゃいます。

これは、「親子の」家庭教師の別のメリットにもなってしまうので、
また、後日あらためて、詳しく書かせていただきます。

 

 

話を戻します。

 

「親も授業を受けないといけないのですか?」
というご質問に対しては、

「机に座って一緒に授業を受けていただく必要はありません。」
と、お答えしてます。

 

さすがに、
勉強してる隣で、
お母さまやお父さまが、「じーっ」とその様子を「監視」してたら、
なかなか勉強に集中できない、というかさすがに怖いですよね。

 

ですから、
隣に座って授業を受けていただく必要まではありません。

むしろ、今まで通りに家事をしたり、お仕事をしたりなさっていただいて大丈夫です、とお伝えさせていただいてます。

その代わり、
授業については、極力、生活環境の中でおこなっていきますね、ということで、
ご自宅にうかがう場合は、居間での学習を推奨してます。

(もちろん、ご自宅の外で授業をしている場合もありますから、「絶対に居間じゃないといけない」というわけでもありません。
大切にしているのは、ひとつの「やり方」にこだわることではなく、あくまでも「勉強に取り組みやすい」方法を、オーダーメイドで組み立てていくことです。)

 

結果として、
居間での授業を選択している場合は、

多くの場合、保護者の方が、授業の内容をご確認いただくことになります。

そうすることで、
実際に行われている授業の「良い点」「もっと良くなる点」が、
すぐに、わかってしまいます。

テストの結果や宿題の山を、見る必要もありません。
5分でも10分でも授業をご覧いただけば、ほぼ瞬間的に、授業の「良し悪し」は判ります。
(さらに、授業の後のお子さまの行動の変化で、授業の「答えあわせ」ができます。)

 

授業は毎回、完全フルオーダーで行われてますので、
もし、授業の内容について「もっとこうしてほしい」という改善のご要望があれば、
すぐにでも、ご希望を伝えていただくことができます。

 

いくら、学習指導を10数年やってきていて、
今もなお幅広い年齢の生徒と関わる中で、いち早く信頼関係の構築をさせていただけるようになってきたとはいえ、
それぞれのお子さまとの時間を共有してきた時間で比べたら、
お父さま、お母さまの方が、圧倒的に多いわけです。

こちらで気がついていない、些細な反応や「サイン」について、教えていただけることもあります。

もともとがフルオーダーで、ひとりひとりに合わせてカスタマイズしている授業について、
その効果についてのフィードバックも、即座に得られることで、
さらに質の高い時間を、お届けすることが可能になりました。

 

「親子の家庭教師」として、

「保護者の方が授業をご確認いただけること」によるメリット、
ふたつめを、ご紹介しました。

 

次回も、引き続き、
保護者の方が授業をご確認いただけることで実現するメリットを、
ご紹介させていただきます。

本日のメリットとも共通する「裏メリット」でもあります。

 

 

 

 

「親子の家庭教師」初回面談のお問い合わせ

 

親子の家庭教師とは?

 - F式メソッド