サンタクロースが残していったもの

   

世間では、あっという間に、クリスマスが終わりました。

 

皆さまのご自宅には、サンタクロースはやってきたでしょうか。

 

この季節が来るたび、「サンタさん」の偉大さを、あらためて感じます。

 

なぜなら、あの白いヒゲのおじいさんは、

子どもたちにおもちゃを配っているだけではなく、

「夢」と「ロマン」も、いっしょに配っているからです。

 

 

 

「早く寝ないと、サンタさんは来てくれないよ。」

と、お母さんに言われ、早々と布団にもぐりこんでは、

「今年こそは!」と、うす暗い部屋の中で目をこらしたあの晩。

 

気づかぬうちに、眠りに落ちてしまった夜が明けて、

大きな靴下の中に、「やっぱり彼が来たんだ!」という証拠を見つけた少年は、

煙突もない家の中に、どうやって入れたのだろう?などと、

成し遂げられた完全犯罪について、思いをはせたりもしたものです。

 

 

時が流れ、少年は大人の階段を登るなかで、

「サンタさん」の仕組んだ仕掛け(trick)が、実はただの幻想(trick)だったのだと、がっかりすることになるかもしれません。

 

しかし、さらに年月を重ね、彼がもはや「少年」と呼ばれなくなった頃に、

彼が気づいたと思った「サンタクロースの実態」こそが、実は錯覚(trick)だったことを、知ることになるのです。

 

 

サンタクロースは、1年に1度、

一晩のうちに、大仕事を成し遂げます。

 

そんなことができるのは、

世界中にサンタファンの子どもたちがいるから、

そして、

同じように、サンタクロースの活動に共感し、その活動を応援する世界中のお父さん、お母さんの存在があるからです。

 

 

子どもの頃、ついに正体を見せることがなかったサンタさんは、

街にも売っているおもちゃたちに、「夢」と「ロマン」を乗せて

子どもたちの喜びを倍にすることができる、素敵なおじいさんでした。

 

それだけではありません。

 

サンタは、自分の活動を応援する、世界中のお父さまや、お母さまに対しても、

「わが子への愛」というプレゼントを、こっそり、おすそ分けしていたのです。

 

 

年に1度、世界中のご家庭に、

家庭円満のタネを届けていくサンタクロース。

 

絶大なる影響力とカリスマ性を持った、赤い服のおじいさんの、

爪の垢を煎じて飲みたい気分です。

 

 

全国のお父さま、お母さまのお力をお借りして、

みなさまのご家庭が、ますます幸せな日々を過ごしていけるように

微力ながら、精進していきます。

 

 

クリスマスが終われば、もうすぐ、お正月。

 

良い形で2018年を迎えられるように、残された数日、

最後の最後まで、「あと一歩」を追求してまいります。

 - 教育への理念