「できない」とのつきあい方②

      2017/08/01

こんにちは。
親子の家庭教師、藤田和彦です。

 

前回に引き続き、
「できない」とのつきあい方について、書いていきます。

 

前回は、
勝負ごとやチャレンジに、
「負け」や「できない」はつきものである。

ということを、書かせていただきました。

 

もちろん、「負け」や「失敗」を、望んでいるわけでは、ないはずです。

でも、結果として、「できなかった」。

そんな時、その「できない」を、どうやって扱うか?

 

 

これは、自分自身の「できない」だけでなく、

教え、導いていく対象の、
お子さまや生徒さん、後輩や部下の「できない」についても、
同様に、使えると思います。

ぜひ、ご活用いただければ幸いです。

 

 

さて、本題です。

 

何かをやってみて、「できない」ことがあった、
失敗を経験した時に、

人は、大きく分けて、ふたつの捉え方をします。

 

 

ひとつめは、

「あぁ、自分(ないしはお子さまや部下)には、これは「できない」ことなんだなぁ。」

と、捉えるパターン。

これは、目の前の「現状」を、正しく捉えています。

現状分析として、非常に正確。かしこい捉え方、
といえるかもしれません。

 

ただ、
この場合、すこしだけ気をつけたいポイントがあります。

 

それは、

現状だけを見て、「できない」を法則化してしまいがち。

 

ということです。

 

1 たす 1 は 2〜。
と同じニュアンスで、

自分に ○○は できない〜。

という、「経験」を作っちゃう。

 

そうしたら、
「できない」と思ってるわけだから、
やればやるだけ、この「できない」が絶対的なルールに、なっていってしまいます。

 

自分のことは、もちろんですが、

他人に対してだって、同じことです。

「○○さんは、〜〜な人。」
とかって、思っておいた方が、楽だから、

「この子は、〜なところが、できない。」
と、ハナから思い込んで、接してしまいます。

 

結果、目の前の人は、その期待どおりに振るまってくれますし、

見る側も、そもそも「できない」を見つけ出そうとしているから、
ますます、「できない」の証拠を見つけていきます。

「ほら、やっぱりできなかったー。」

こうやって言って、自説の正しさを証明したいわけなんですよね。

 

なので、
なかなか、「できない」の壁を打ち破ることが、難しかったりします。

 

 

これに対して、もうひとつの「できない」の捉え方が、あります。

長くなってしまったので、もうひとつは、次回、書こうと思います。

 - 教育アドバイス