家庭教育のプロが教える、親子でできる勉強の「きっかけ」づくり⑤〜暗記系科目に強くなるために〜

      2017/08/02

今回も、

親子でできる、勉強への「きっかけ作り」について、書いていきます。

 

 

今日は、

特に理科・社会など、いわゆる「暗記系科目」について、

どんどん知識をつみ重ねていけるために、

ご家庭でできることを、ご紹介します。

 

 

理科・社会に苦手意識を持たせないための、

最大のコツともいえるのが、

 

お子さまの「なぜ?」「なに?」に、
ひとつひとつ、対応していく

ということです。

 

お子さまから、

「なんで、○○○は〜〜〜なの?」

とか、

「△△△なのは、何?」

といった、
質問をされたことは、ないでしょうか?

 

 

この質問、

けっして、学校の「勉強」の範囲には、限られず、

時に、死角から飛んでくるような、想定外の質問なども、あるでしょう。

 

 

あまりにも想定外な質問に、
答えが、分からないことも、たくさんあるかもしれません。

 

実は、
その質問に対しての、返答の仕方がポイントになってきます。

 

お子さまからの質問に対する、返答の仕方について、

次回、あらためて説明します!

 

普段、お子さまの質問・疑問に対して、

どんな答え方、対応をしてますか?

 

ぜひ、考えてみてください!

 

 

 

 

「親子の家庭教師」初回面談のお問い合わせ

 

親子の家庭教師とは?

 - Q&A②ー考察, 教育アドバイス