学習効果が3倍あがる! テストを前に、やるべき「必須」の下準備

      2017/08/02

中間テストシーズンが終わり、
期末試験が、視野に入ってくるようになりました。

 

中間試験の結果が順調だった人も、
今ひとつ、だった人も、
日々の積み重ねで、期末試験で、さらなる良い結果をめざしていきましょう!

 

 

「目指す」ということ。

ここから、すべてのチャレンジは始まります。

 

ただ、なんとなく受けた試験だったら、

「良かった」「悪かった」も、
なんとなく、のフィーリングでしか受け取れません。

だけど、
目指す得点を、自分で決めて、
そこに向かって努力するとしたら、

 

「あと一歩」
「もう一歩」

日々の学習の、
「濃さ」が変わってきます。

 

そして、
やりきった試験で、目標を達成できたら、
本当に嬉しいし、

惜しくも、目標に届かなかったら、
本当に、悔しいでしょう。

 

目標に届かないことは、失敗ではありません。

目標を中途半端にして、
そこに向けてチャレンジせず、
「なんとなく」で日々を過ごしてしまうことが、
むしろ、大失敗です。

 

授業中、
自作の小テストを受けてもらうこともあります。

あらかじめ、目標を決めてもらって、
そこに向かって、対策をすれば、するほど、
得られた結果が、価値あるものになります

 

昨日の授業では、
なかなか到達しなかった目標ラインに、
ついに、到達するという快挙を、達成してくれました。

 

そこでのコメントが、
「これ(小テストの解答用紙)は、大切にとっておきます。」

でした。

 

たったの紙1枚だって、
思いを込めて解ききった解答用紙で、
「なんとしてでも」と狙った目標を達成できたものなら、
とても貴重な1枚になります。

「ちょっと難しいかもしれない」という目標を決めて、目指すこと

そこにむけて、時間をかけて準備すること

そして、見事その目標を達成すること。

その、達成の手ごたえを、
ぜひ大切に、
次のチャレンジにむけて、積み重ねていってください!

 

ただ、知識をつけるだけではなく、
日々の学習を、成長のための「いきた教科書」にしていくために、

 

適切な目標づくりと、
目標達成にむけた計画の立て方、取り組み方を、
サポートしてまいります!!

 

 

 

 

「親子の家庭教師」初回面談のお問い合わせ

 

親子の家庭教師とは?

 - F式メソッド, 教育アドバイス