勉強を好きになるために①

      2017/08/02

今日は、昨日の続きです。

前回は、

「好きこそものの上手なれ。まずは勉強を好きになりましょう!」

というお話をしました。

ここからは、

「勉強を好きになる」というのが、そもそも難しいんだ!

と考えてる方に、

「勉強が好きになるコツ」をお伝えしていこうと思います。

もし、
この記事を読んでるあなた、

あるいは、あなたのお子さまが、

「勉強、大好き!」

「勉強が嫌い、という意味がわからない。」

「三度の飯より勉強だ!」

みたいな感覚をお持ちでしたら、

これからの話は、
「あたりまえ」のことかもしれません。

この話は、

勉強が嫌いで、

日中の大半を、机にしばりつけられ苦痛に感じてる、

そんな方にむけての、お話です。

まず、

「勉強が嫌いなんだ」という方へ。

あなたが、「勉強キライ!」と思ってること、

それは、
無理がないことかも、しれません。

それは、ただ、
勉強が好きになる方法を、教えてもらえなかったから、なだけ、ですから。

周りに、勉強を楽しむことを、教えられる先生に、
今まで出会わなかったから、にすぎません。

そういう意味では、
ほんのちょっぴり、運が悪かった、
ただ、それだけのことです。

なので、
自分が勉強キライだとか、
苦手であるからといって、

落ち込んだり、

自信を持てなかったり、

自分を責めたりすることは、

しないでも大丈夫です。

ただ、

「勉強を好きになる」のか、

「勉強を嫌いなままでいる」のかは、

自分で、選ぶことができます。

もし、
「勉強、好きになっても、いいかな」

と、
少しだけでも思った方は、

このまま、読み進めてみてください。

今日は、 まず、

「勉強がキライ!」
という方に、

逆に質問を、させてください。

そして、少しだけ、考えてみてください。

それでは、質問です。

なぜ、あなたは、「勉強がキライ」なのでしょうか?

「勉強がキライ」になったのは、いつからですか?
それは、何かキッカケになる出来事がありましたか?
それとも、気がついたら、いつの間にかキライになってましたか?

勉強のこと、「好き」と思ってた時って、ありましたか?
なぜ、嫌いになってしまったのでしょうか?

勉強は勉強でも、科目ごとに好き、嫌いがありますか?

嫌いな科目は、なぜ、嫌いなのでしょう?

いくつか、質問をしましたが、

この質問に、「こたえ(模範解答)」は、ありません。

むしろ、質問の「こたえ」を知ってるのは、
あなた自身ですから、

「こたえあわせ」をできるのは、
自分だけです。

何も考えなかったら、
そのうち、答えを教えてもらえる、

ということは、ありませんから、

ぜひ、いちど自分で、
考えてみてください。

できれば、

いらない紙でよいので、

「これが答えかなぁ」というのを、

思いつくまま、書いてみてください。

そして、自分で、

「この答えは、何点くらいだなぁ」

と、
答え合わせをしてみてください。

ちょっと、時間はかかるかも、しれませんが、

ここで、時間をかけて考えてくれた人なら、
受けとってもらえる、

「勉強が好きになるためのヒント」を、

次回、書きます。

それまで、少しの間、

考えてみてください。

 

 

 

 

「親子の家庭教師」初回面談のお問い合わせ

 

親子の家庭教師とは?

 - Q&A②ー考察, 教育アドバイス