2016年を、しめくくる冬休みへ。

      2017/08/02

今年も、残すところ2週間を切ってきてます。

よい形で2017年を迎えられるように、

今週、来週と、
1日1日を、大切にしていきたいですね!

さて、今日は、

目前にせまる、「冬休み」にむけて、

有意義な「冬休み」を過ごすための、

「ヒント」をご紹介します。
冬休みを充実させるコツ、

それはズバリ、

「冬休みの計画」
を立てることです。
計画たてるのは、ふつうじゃない?

 

と思われる方には、

 

ここから先のお話は、必要ないかもしれません。

 

ですが、

 

この「冬休みの計画」、

 

特に、冬休みの前半、

 

「年が明けるまで」を中心に目標と計画を立てることを、

 

強く、オススメします。

 

おそらく、読書のみなさんも、

年が明けたら、
「一年の計」は立てられるかと思います。

年が明けた、新鮮な空気のもと、

気持ちのリセットと、リスタートをする。

1年で最大のリセットができるのが、元旦です。

 

で、あれば、
少なくとも冬休み明けくらいまでは、
元旦のモチベーションが持続することになるかと思います。

ですから、

元旦からのパフォーマンスの差は、

そうたいして、つかないでしょう。

冬休みに、差がつくのは、

「年明けまで」

ということになります。

 

 

今年の初めに、思い描いた、

「一年の計」

を、
思い出してみても、よいかもしれませんし、

今、現状から考えて、でも構いません。

2016年のなかで、

・やり足りてないこと

・やり残してること

・後悔してること

など、ありますでしょうか?

それを、

残り2週間弱で、

やりきってしまおう!
という企画を、

ご自身で立ててみてください!

いっぺんに、欲張らなくても、いいです。

むしろ、欲張らないでください。

ひとつだけ、

たったひとつだけ「が」、いい。

2016年の、エキストラステージ、
今年の、ロスタイム。

だと思いこんでみて、

「今年は、これを、やりきる!」

ってやつを、決めてみてください。

それは、

早寝早起きでしょうか?

毎日、つけようと思ってた日記でしょうか?

毎朝の計算ドリルでしょうか?

諦めかけていた、ダイエットでしょうか?

掃除をすることでしょうか?

それとも、「ありがとう」を伝えること?

なんでもいいですが、

今日までのことは、置いといて、

2016年の残りで、これひとつ、「やりきった」と言えたらら、

2016年に、
おおきく「マル」がつけられる、

そんな、「ひとつ」を、決めてみてください。

 

ちゃんと、やり切れるやつを。

 

それは、誰が決めるものでもない、

誰に、宣言する必要があるものでもない、

他の誰とでもない、

自分との「約束」です。

2016年、ここまで、

順調だった人も、
イマイチだった人も、

2016年をしめくくる、
「ラストワン」のテーマを、

ぜひ、考えてみてください!!

 

 

 

 

「親子の家庭教師」初回面談のお問い合わせ

 

親子の家庭教師とは?

 - 教育アドバイス