「受験勉強は楽しい!」 プロ直伝!受験当日を「お祭り」に変えるための考え方

      2017/08/02

6月も、あっという間に折り返しです。

半年後には、怒とうの受験シーズンが、やってきています。

 

本来、勉強も、受験も楽しいものです。

ですから、
目指す結果にむけて、しっかり計画を立てつつ、
「楽しみつくす」時間を、過ごしていけたらと考えています。

 

試験当日を楽しめるかは、
当日までに、じゅうぶんに準備をしてこれたかで、決まります。

 

「もっと、〜できたんじゃないか。」

そんな後悔を、微塵(みじん)も残さない状態に達した時に、

試験日が、人生で忘れられない、「お祭り」の日になります。

 

「受験生」とは呼ばれなくても、それは同じことです。

1年半後、2年半後の受験に対して、今「必要なこと」をできているかが、

将来の過ごし方を左右します。

 

 

「やりきる」がテーマです。

 

 

ベストな自分ではない。

でも、今日できる精いっぱいは、やっている。

 

そんな毎日の継続の先にこそ、
真の成長があることを確信して、
今日も、勉強しています。

 

 

 

梅雨が明けたら、もう夏休みです。

 

夏休みを、「休み」と考えるか、
最高の「変化の期間」と考えるかで、

秋以降に見える景色が、大きく変わります。

 

 

ひとまわり成長する夏を、作ってまいりましょう。

 

 

 

 

「親子の家庭教師」初回面談のお問い合わせ

 

親子の家庭教師とは?

 - F式メソッド, お知らせ, 教育アドバイス