(回答2)どの学習塾に行けば良いか

      2017/08/02

前回の投稿から、かなり日が空いてしまいました。

 

みなさま、いかがお過ごしでしたか?

 

 

2学期が始まってから、はや3週間、

世間はシルバーウィークですね。

 

 

ここから、秋が深まってきます。

 

読書の秋

スポーツの秋

食欲の秋

芸術の秋

 

過ごしやすくなるこの時期だからこそ、

 

やりたいなと思ってた、「新しいこと」

スタート、チャレンジしてみる時なのかもしれません!

 

 

さて、

 

前回の記事で、途中になっていたテーマ、

 

「どの学習塾に行けば良いか」

 

ということで、

 

 

前回に引き続き、

学習塾の「タイプ分け」をしてみます。

 

今回は、

 

授業が、どのくらいの規模(人数)で展開されるか、

という点に注目して、考えてみます。

 

 

授業の人数に、着目して考えると、

 

①集団授業

②個別指導

 

に、大きく分けられます。

 

集団授業、個別指導、

ともに、メリット・デメリットがあるので、

 

以下に、それぞれの特徴を簡単にまとめます。

 

 

まず、

①集団授業について、

 

集団授業のメリットは
・カリスマ講師など、人気のある先生の講座を選べる。

 

・意識の高い塾生と一緒に授業を受けると、刺激を受けるので、勉強に取り組むきっかけを得たり、モチベーションを高めることがしやすい環境にある。

 

といった点があります。

 

 

逆に集団授業のデメリットは
・自分の習熟度に関わらず授業が進行するため、つまずいた箇所の克服が授業でできない可能性がある。

逆に授業の進度が遅いと、効率よく演習を進めることができづらい。
・良くも悪くも環境に影響されるため、周りのレベルから突き抜けることが難しい。

 

などといった点が挙げられます。

 

 

次に

②個別指導について、

(いわゆる「家庭教師」も、この個別指導にはいってきます。)
個別指導のメリットは、
・自分の理解度、習熟度にあわせて授業を進められるので、分からないところを、そのままにせず、

着実に学力アップしていきやすい。
・講師の先生との信頼関係を築きやすいので、勉強へのモチベーションアップや、メンタル面でのサポートも受けられる。
といった点があります。

 

逆に個別指導のデメリットとしては、
・集団授業をおこなう塾よりも講師の人数が多いので、講師の経験値や指導力にバラつきがでてしまう。
・先生との相性が合わなかったら、授業の成果が上がりづらい。

 

といった点が挙げられます。

 

 

 

上記の理由から、

 

前回ご紹介した「進学塾」は、

比較的、集団授業となり、

 

逆に「補習塾」は、

個別指導(ないしは、少人数指導)のタイプをとることが多いのという、傾向があります。

 

(もちろん、あくまでも「傾向」であって、

個別指導の進学塾や、補習もカバーした集団授業も、もちろん存在します)
塾に行くという場合、

 

講師の先生や、周りの塾生から、

「影響を受ける」ということがメインの目的のひとつになりますから、

 

どういった影響を受けることが、

成績向上につながるのか?

 

(周りの意識の高い塾生からの影響があれば、勉強していけるのか、

スゴ腕の先生からの指導に、スイッチが入るのか、

個人的にサポートしてもらいながら勉強すると、レベルアップを実感できるのか、

などなど)

 

現在の学力と、目指す学力、

 

必要なサポートが、どういったものなのかを、

意識しながら、塾選びをしていってください。

 

 

 

 

「親子の家庭教師」初回面談のお問い合わせ

 

親子の家庭教師とは?

 - Q&A③ー回答, 教育アドバイス