親が勉強を教えられなくても大丈夫!子どもの可能性を最大限に伸ばしきる「ほめる」力。

      2017/08/10

前回にひき続き、

「問題の解き方を、教えられない時」というテーマで、
その解決策を、お伝えしていきます。

 

 

今回は、

「具体的に、何をしたら?」というご質問にはお答えすべく、

 

今日からでも使える、少しでもお役に立てるヒントを、シェアしていこうと思います。

 

 

 

いずれは来る、「子が親を超える瞬間」

 

「問題の解き方を、教えられなくなる」

 

これは、遅かれ早かれ、いずれはやってくる瞬間です。

 

そして、それはつまり、どういうことかというと、

 

お子様が、少なくともひとつの領域で、「親を超えた」という瞬間でもあります。

 

愛情を注いで育てたお子さんが、成長して、

自分ができないことを、できるようになるように、挑戦している。

 

この事実は、

何より、喜ばしいことではないでしょうか。

 

 

自分が解けない問題を、子供が、チャレンジしている。

そして、そんな難題をクリアしていこうとしている。

 

そんな時は、

最大限に、お子さんを「ほめて」やってください。

 

「〇〇はすごいね、お母さん(お父さん)も分からないよそんな問題。」

「そんな難しい問題が解ける(難しい問題にチャレンジできる)なんて、お母さん(お父さん)の子とは思えないくらい優秀だわぁ。」

 

と、最大限に、喜びを伝えてあげてください

 

 

もしかしたら、

「え〜そんな普通だよ。みんなできるよそのくらい。」

みたいな、リアクションが返ってくるかもしれません。

 

それでも、

「そうなんだ、みんなすごい優秀なんだね。そんな友達がいるから、〇〇も賢くなったんだねー、すごいね!」

 

と、あくまでも、「ほめる」姿勢は、くずさないでください。

 

本心から、ほめられてるのであれば、

お子さまとしても、嬉しくないことは、ないでしょう。

 

 

ほめることは、ノーリスク。

 

もし仮に、

「お母さん(お父さん)、こんな問題もできないの?」

と思われたとして、

マイナス面は、いっさいありません

 

なぜなら、

それでやる気を出したお子さんが、

積極的に、勉強にチャレンジしてくれるようになれば、

 

そもそもの目的は、達成されているわけですから。

 

ですよね?

 

 

大事なのは、

「自分が、勉強を教える」ことではなく、

 

お子さんが、進んで勉強に取り組み、勉強を楽しんでくれるようになること

 

そして、当然のように成績を上げていくことなわけですから。

 

 

先生や、保護者の方の期待を一身に受けた子どもは、

メキメキと、力をつけていくものです。

 

これは、科学的にも実証されています。

(参考)「ピグマリオン効果」

 

要するに、人は、望むと望まないとに関わらず、

「期待通りの人になってしまう」ということです。

 

 

 

お子さまの可能性を伸ばすために

 

いえ、正確には「可能性をつぶさない」ためにも、

その、無限の可能性を認め、信じきる

 

そんな、導き方をしていけば、

すべての人が、超人的な成長を遂げていけるのです。

 

 

ぜひ、恥ずかしがらずに、

お子さまの成長をほめて、喜びの気持ちを伝えてあげていただければ、嬉しいです。

 

 

 

 

「親子の家庭教師」初回面談のお問い合わせ

 

親子の家庭教師とは?

 

 - Q&A, 教育アドバイス