OASESの理念

      2017/08/02

ブログ開設作業を、勉強しながら進めていってます。

 

本格的にブログを作りたい、となると、

勉強することが、たくさんです。

 

これから、少しずつ、充実のブログに、作り上げていきます。

 

 

 

 

さて、今回は、「OASESの理念」について、紹介していきます。

 

そもそも、「OASES」って何?

ということで、

辞書で調べてみました。

スクリーンショット 2016-03-09 0.03.52

 

よく「オアシス(OASIS)」と間違えられるのですが、

「OASES」は、そのオアシスの複数形です。

 

読み方は、

英語の発音だと「オゥエィシーズ」

みたいな感じですが、

 

あえて、ローマ字読みで「オアセス」と読みます。

 

「オアシズ」でもありません。

「オアセス」です。

 

英語が苦手だとしても、カンタンに読めます。

 

一番最初に”oases”という単語を見た時に、

自分自身が「オアセス」と読んだから、というのは内緒です(笑)。

 

 

 

 

 

OASESの理念は、

「砂漠の中のオアシス」のイメージから、スタートしています。

 

 

見渡す限りの砂漠

250px-Libya_5230_Wan_Caza_Dunes_Luca_Galuzzi_2007

出展:https://ja.wikipedia.org/wiki/砂漠

 

の中にある、

 

水辺と木陰がある、オアシス。

02908x

出展:www.wallpaperlink.com

 

 

 

 

 

 

不況が当たり前ベースになった、今の日本。

 

経済の面だけでなく、心の面でも、

「砂漠化」が進んでいるのではないか、

と、感じていました。

 

 

誰もが、心に砂漠を抱えているわけでは、ないでしょう。

 

でも、

きっと、そんな息づまる毎日を探している方は、

一人や二人、ではないのではないでしょうか。

 

 

もし、

「将来に対する希望」が持てないような、

そんな毎日を送っている方がいたら、

 

そんな方が、

水を飲み、

木陰で涼み、

つかの間かもしれないけど、安らぎと休息をえる。

 

そんな、「オアシス」のような存在に、

自分が、なりたい。

 

そして、自分の周りも含めて、

「オアシス」のような環境を作っていきたい。

 

 

それが、「OASES」の理念の、スタート地点でした。

 

 

 

 

 

「藤田和彦」という人間が、

そして、その周りに集まってくださる方々も、含めて、

 

 

「刺激をうけられる」

「元気になれる」

「安らげる」

「勉強になる」

「楽しい」

「ワクワクする」

「希望が広がる」

 

そんな風に、思っていただけるような、

そんな自分や、環境を作っていきたい。

 

 

そして、

 

「また会いたい」

「また来たい」

 

と、思っていただけるように。

 

 

 

そんな思いから、独立をし、

学びを、積み重ねてきています。

 

 

 

 

机の上の「お勉強」だけじゃなくて、

人間としての魅力や、人格も高めていくための「学び」の道は、

決して、平坦な道ではないかもしれません。

 

ただ、それはつまり、

たくさんの、ドラマティックな出来事や、出会い、

そして感動がある道であることの裏返しだという事実を、

日々、実感しています。

 

 

 

 

 

そして、ここからが、

「OASES」が、「オアシス」ではない理由、

なのですが、

 

自分の周りだけじゃなく、

 

あなたや、

あなたの周りにも、

 

そんな「オアシス」が作られていったら、

という思い。

 

これが、OASESが複数形な理由です。

 

すべての方の周りに、

オアシスができていったらーー

 

そこに砂漠は、なくなるのではないか。

tonomine_004

出展:http://kobe.travel.coocan.jp

 

そんなイメージが、

究極のゴールです。

 

 

 

 

 

 

自分自身が、誰かのオアシスとなる、

そして、

自分の周りに、オアシスを作る。

 

 

それは、

 

職場でも、

学校でも、

サークルやコミュニティでも、

ご近所でも、

 

どこからでも、作ることはできるでしょう。

 

 

 

 

ただ、その中で、

一番の「オアシス」となるのは、どこか?

 

それは、

 

「家庭」

 

なのではないか、

というのが、自分の中での結論でした。

 

 

 

だから、

それぞれの家庭に、「オアシス」を作り、

そのオアシスを、育てていく。

 

 

 

はじめは、

小さな水たまりや、新芽かもしれません。

 

そこから、芽を育て、水を蓄え、

安らぎと憩いの場となる「オアシス」を作っていく。

 

 

そのための力となるべく、

これまでも活動をしてきましたし、

 

 

 

少しでも、多くの方のお役に立てたらと、

ブログの開設を、しました。

 

 

 

家庭の中にオアシスを作るために、

学習・コミュニケーションなどの面における、

お悩み事の解決に近づいていただき、

 

 

少しでも、「伝えたいこと」を伝えられるようにする、

そんなお手伝いができるブログに、

なればなと、思っています。

 

 

2016年3月9日

OASES 代表

「親子の家庭教師」 藤田和彦

 

 

 

「親子の家庭教師」初回面談のお問い合わせ

 

親子の家庭教師とは?

 - 教育への理念